平成29年度
HOME > 歴史文化を活かした町づくり > 平成29年度

事業概要

中核施設(コア)の位置づけと住民周知
①日本遺産認定に向けた提言書の提出
②神辺本陣・廉塾清掃隊の発足
③「住民主導のまちづくり行動計画」の全戸配布
④神辺本陣・廉塾茶華会&歴史講演会の開催
「神辺本陣」「廉塾」「神辺宿」小冊子作成配布

本陣清掃(7.29)       廉塾清掃
 

神辺本陣・廉塾/茶華会

●各会場の企画・展示等
【神辺本陣会場】
 ①施設公開&展示
 ・大名利用時の座敷設えの復元展示
 ・信道一代記から「黒田家との係り他」パネル展示
 ・全国の主な本陣パネル展示
 ②「守りたい・残したい神辺本陣」絵画(神辺小学校)
 ③茶席・華展(かんなべ文化連盟茶華道部)

【廉塾会場】

 ①施設公開&展示
 ・菅茶山肖像画、全国の主な私塾パネル展示

【公民館会場】-歴史講演会-
 ①菅茶山と松平定信肖像画他パネル展示
 ②華展(かんなべ文化連盟茶華道部)

各会場模様       ●華展模様
 PDFファイルを表示    PDFファイルを表示

本陣会場(守りたい残したい神辺本陣)
廉塾会場(全国の主な私塾)

歴史講演会「菅茶山と松平定信」

講師:岡野 将士さま(広島県立歴史博物館主任学芸員)

松平定信と菅茶山の接点
『集古十種』編集事業
 寛政 8年:白河藩儒 広瀬蒙斎が茶山を訪ねる。
  ※神辺駅に菅茶山を訪ねた。翁は仕官を浴せず、医をも
   って村里に隠れている。人となりが風流温雅で、関西
   では盛んにその詩を称誉している。
 寛政12年:白河藩画師 白雲・大野文泉が神辺を訪ね
       る。
  茶山に贈られたもの
  ・略歴日記
  ・白河城下真景図
  ・大野文泉肖像画
  ・大隅川源図
  ・松平定信書「文武忠孝」

 資料:PDFファイルを表示

【活動模様】
平成30年 平成31年度 令和2・3年度