福山城築城400年記念事業
HOME > 福山城築城400年記念事業

「神辺本陣・廉塾と神辺宿」事業概要

神辺は、水野勝成の福山城築城によって、城下町機能が消滅するが、参勤交代制によって宿場町として賑わいを取り戻していった。
本陣と宿場街道沿いに開塾した廉塾が、各地の藩儒・文化人の交流をもたらし、陸路交通の要衝、政治・文化交流拠点として栄え、参勤交代時は、本陣はじめ宿駅民家総ぐるみで「宿泊」対応を図っており、今なお、その面影・たたずまいを残している。
参勤交代と神辺本陣の役割、廉塾を訪れた儒家・文化人と化政文化の隆盛と、こうした本陣・廉塾を核とした神辺宿をそれぞれ、静止画・動画を駆使して情報発信をする。

大きく表示
 
また、動画作成にあたっての技術講座、まちなみ探訪、講演会廉塾バラの普及事業などを併せて実施する。
神辺本陣
廉塾
神辺城跡石垣