廉塾バラ

廉塾バラ

「廉塾バラ」の呼称

平安時代に渡来した中国由来の「庚申バラ」の一種で、廉塾

のバラは、四季咲きの一枝一輪咲きで、野生種に近くて生命力が強く、他に同型をみたことがなく珍しい。

            (白砂伸夫教授:神戸国際大学)

江戸時代は園芸が盛んで、茶山の漢詩にも「薔薇」が詠われている。(この頃、モッコウバラ、ナニワイバラが渡来)

今あるバラは、約百年前の存在が確認されており、詳細不詳ながら、茶山当時から存在していたものと思われる。

.

この貴重なバラを「廉塾バラ」と呼称し、2025世界バラ
会議in福山を盛り上げたい。     

                   

             神辺学区まちづくり推進委員会
             神辺宿文化研究会
chugoku digitalnews

廉塾中門脇に咲くバラ
地域の「宝」にしよう

廉塾バラ挿木出前講座

日時:令和4年4月18日(月) 13時30分~
場所:神辺公民館横駐車場
講師:福山バラ会理事長 上川内 哲夫 さん
参加者30人で実施しました。
講義資料PDFファイルを表示

 
 
chugoku digitalnews
自治会役員他参加者約30名

「廉塾バラ」水野勝成ゆかりの地、庄原へ

「庄原さとやまオープンガーデン2022春」が開催中の令和4年6月4日(土)、庄原観光推進機構、しょうばら花会議、バラ愛好家のもとに、「廉塾バラ」の挿木苗を届けました。
珍しい「廉塾バラ」の記事を見られて、庄原で育てたいとの、バラ愛好家の一報があり、バラの町に仲間入りすることとなりました。
庄原は水野勝成ゆかりの馬具・駕篭があることでもあり、庭先で廉塾バラが花開くことで、バラを通した歴史繋がりになることが楽しみです。
四季咲き品種が少なく、春の賑わいを終えた後は廉塾バラの赤い花が庄原の町を彩る時が来るかもしれません。

(西城エリア)
 
美古登郵便局         堤邸
庄原DMO、バラ愛好家、しょうばら花会議の皆さんのもとに届けた「廉塾バラ」
水野勝成ゆかりの馬具・駕篭          (総領町里山ガイドブック)

廉塾バラ植替出前講座

日時:令和4年6月20日(月) 13時30分~
場所:神辺公民館横駐車場
講師:福山バラ会理事長 上川内 哲夫 さん
参加者39人で実施しました。

4月18日に実施した約300本の「廉塾バラ」の挿木苗を、2か月後の今日、一本ずつポットに植替えました。
挿木講座に参加された皆さんの腕前と管理が上手くいって、挿木の殆ど発根していました。
植替えに参加された皆さんには、ご自宅で育てていただきたく、1ポットずつ持ち帰っていただきました。
講師が育てている、38年物の接ぎ木の「鉢植えバラ」を見本に、育て方、管理方法を話していただき、今後は、11月に種まき、2月には剪定講座を予定しています。